「このまちは無駄には人を死なせない」 公立岩瀬病院 三浦純一院長先生


三浦先生には日頃から大変お世話になっております。

以下はFacebookページのカバー写真です。


公立岩瀬病院は第二種感染症指定医療機関※1。

三浦先生はじめ院内スタッフは新型コロナウイルスの最前線で闘ってくれています。

心身ともに疲弊しているはずです。


私も臨床心理士・公認心理師として微力ではありますが、TUNAGUにて活動を始めていきます!



この言葉は私自身の理念です。 2007年6月17日にできました。 自分がなぜ生きるのか? それを言葉にするのに53歳までかかってしまいました。 いまのコロナウィルスと闘うために準備していたのかもしれません。 全世界はコロナウィルスとの戦いに連戦連敗中です。 私たちは恐怖感を伴う重圧の中で暮しています。 しかし、私たちには闘う力があります。 みなさんと一緒に、この困難を克服するため、努力したいと思います。



※1

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律で定められた二類感染症(結核、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)等)の患者に対する日本の医療機関。都道府県知事が指定する。日本全国に計351医療機関(計1,758床)ある。

最新記事

すべて表示

5月7日(木曜日)以降の市内保育所・幼稚園・こども園の保育活動、小・中学校の教育活動について「教育長メッセージ」(4月30日)

小・中学校の休校が延長されます。 各小学校によって登校日や学習面へのフォローの違いはあるようですが、子どもたちも初めての体験で非常に戸惑いながらも、非常に順応してくれていると思います(実際はあわせるしかない??) 代表の冨森は、平成16年より福島県教育委員会委嘱のスクールカウンセラー(以下SC)の仕事をしています。実はSCとしての最初の勤務校が西袋中学校でした。 特に今年度から15年ぶりに市内の小

令和2年度須賀川市釈迦堂川花火大会の中止について

この花火大会を観るために須賀川に住むことを決めたと言っても過言ではありません😭 今年は本当に何もかもが中止に,,,残念です。 , 令和2年度須賀川市釈迦堂川花火大会の中止について 令和2年8月22日(土曜日)に予定しておりました「令和2年度須賀川市釈迦堂川花火大会」は、新型コロナウイルス感染症の発生状況を受け、来場者や運営関係者、市民の安全面を最優先に考え、須賀川市釈迦堂川花火大会実行委員会にお

© 2019 by すかがわ子育てネットワークTUNAGU created with Wix.com