コロナ疲れ 虐待やDV増加危惧

産経新聞の記事です。


コロナ疲れ...確かに親子そして家族で煮詰まってきていますよね💦 TUNAGUでも何かできないか模索中です。



自宅待機「コロナ疲れ」でストレス…海外ではDVや虐待増加




新型コロナウイルスの感染拡大防止策を検討する政府の専門家会議が「自粛疲れ」による気の緩みに危機感を示した。外出の自粛はしばらく続く見通しでウイルス対策は長期戦の様相だが、自宅待機による「コロナ疲れ」の影響は緩み以外にも及ぶ。厳しい外出規制が出された海外ではドメスティック・バイオレンス(DV)の通報が増加。専門家は、自由に外出ができないストレスや将来への不安感からDVや児童虐待の増加を危惧する。「コロナ疲れ」にどう対応すればよいのか。

■親子でストレス 「子供を外で自由に遊ばせる機会も減り、親子でストレスを感じている。いつまで我慢しなければいけないのか」。東京都港区の女性会社員(32)は「コロナ疲れ」を訴える。長男(2)から「ママ、お出かけしたい」と言われるたびつらい気持ちになるという。 「在宅ワークになった夫が家族に身体的な暴力を振るうようになった」「DVで家を出ようと準備していたが、夫が在宅しているので、家族が監視され続けている。絶望している」 DV被害者を支援するNPO法人「全国女性シェルターネット」によると、全国の相談窓口にこんな相談が寄せられている。感染拡大に伴いテレワーク(在宅勤務)や自宅待機を導入する企業が増加。北仲千里共同代表は「仕事がなくなって収入が減ったり、失業してお金が無くなったりすると、自信を無くした夫が追い詰められて家族に当たる。DVが起こりやすい状況だ」と警戒する。 夫の在宅時間が増えたことで、DV被害から逃げることができなくなるケースも懸念され、北仲共同代表は「DVや虐待が増加する可能性は高い。早めの対策が必要だ」と訴える。

■海外では増加 罰則を伴う厳しい外出制限が課される欧米の都市ではすでに、DV被害の増加が顕在している。英紙「ガーディアン」によると、英国の都市サマセットとエイボンで、過去2週間に警察に寄せられた虐待事件が20・9%増加。フランスのパリでは、外出規制が始まり1週間でパートナー間の暴力が36%増加し、DV被害者の保護強化を求める声が広がっている。 感染者が21万人超、死者は5100人を超えた米国では、厳しい行動制限が課せられている。ロサンゼルス郊外に住む日本人の主婦(37)は「外出禁止命令が出てから運動不足になった。外食もできず、毎日自炊しているが、だんだんストレスがたまってきた。地元のニュースも連日、新型コロナのことばかりで不安になる」と打ち明ける。 公認心理師の資格を持つ日本産業カウンセラー協会の伊藤とく美執行理事は「外出を控えなければならず、子供も親もストレスを抱えている。日用品がスーパーの店頭から消える光景も不安感を増長させている」と指摘する。先行きの見えない不安感と疲労感を解消する方法はあるのか。 伊藤執行理事は「職場の人や家族とコミュニケーションをとって不安や心配事を共有する。好きなこと、楽しいことを見つけることも大切だ」と強調する。 新型コロナとの戦いは、長期戦の様相を呈している。伊藤執行理事は「私たちが人間としてどう行動するかが試されている。一人一人が体調面やメンタル面の疲れを解消する工夫をしてほしい」と話している。


最新記事

すべて表示

5月7日(木曜日)以降の市内保育所・幼稚園・こども園の保育活動、小・中学校の教育活動について「教育長メッセージ」(4月30日)

小・中学校の休校が延長されます。 各小学校によって登校日や学習面へのフォローの違いはあるようですが、子どもたちも初めての体験で非常に戸惑いながらも、非常に順応してくれていると思います(実際はあわせるしかない??) 代表の冨森は、平成16年より福島県教育委員会委嘱のスクールカウンセラー(以下SC)の仕事をしています。実はSCとしての最初の勤務校が西袋中学校でした。 特に今年度から15年ぶりに市内の小

令和2年度須賀川市釈迦堂川花火大会の中止について

この花火大会を観るために須賀川に住むことを決めたと言っても過言ではありません😭 今年は本当に何もかもが中止に,,,残念です。 , 令和2年度須賀川市釈迦堂川花火大会の中止について 令和2年8月22日(土曜日)に予定しておりました「令和2年度須賀川市釈迦堂川花火大会」は、新型コロナウイルス感染症の発生状況を受け、来場者や運営関係者、市民の安全面を最優先に考え、須賀川市釈迦堂川花火大会実行委員会にお

© 2019 by すかがわ子育てネットワークTUNAGU created with Wix.com